"

『毎月新聞』(佐藤雅彦著/中央公論新社)という本のなかに、こんな文章があります。
15年くらい前に書かれたものです。
僕は、ネットが嫌になったとき、これを読み返すようにしているのです。

 故郷で独り住まいをしている高齢の母親は、テレビの野球中継をとても楽しみにしています。「この松井って子はいいよねえ」と、目を細めながら応援しています。そして、好きな番組が終わると迷いもなくテレビを消すのです。たまたま帰郷していた僕は、そんな母親のあたり前の態度にハッとしてしまいました。『面白い番組を見る』――こんなあたり前のことが僕にはできなかったのです。


 テレビを消した後、静けさが戻ったお茶の間で母親は家庭菜園の里芋の出来について楽しそうに僕に話し、それがひと通り終わると今度は愛用のCDラジカセを持ってきて、大好きな美空ひばりを、これまた楽しそうに歌うのでした。


 僕はそれを聴きながら、母親はメディアなんて言葉は毛頭知らないだろうけど、僕なんかより、ずっといろんなメディアを正しく楽しんでいるなあと感心しました。そして目の前にある消えているテレビの画面を見つめ、先日のやつあたりを少し恥ずかしく思うのでした。


 つまらない番組を見て、時間を無駄使いしたと思っても、それは自分の責任なのです。決してテレビの責任ではありません。リモコンにはチャンネルを選ぶボタンの他に「消す」ボタンもついています。


 僕達は、当然テレビを楽しむ自由を持っていますが、それと同時にテレビを消す自由も持っているのです。


ネットは、テレビに比べると、「悪口が直接自分に向かって飛び込んできやすいメディア」です。
でも、パソコンの電源を切ったり、SNSにアクセスしなければ、道の向こう側から迫ってきて、無理矢理イヤなことを目の前で叫ばれる、ということはないんですよね。
そもそも、「イヤなら、つまらなければ、観ない」という選択も、僕たちにはできる。
見に行っているのは、自分の責任でもあるのです。
わざわざウンコを触り、臭いをかいで、「うわー、なんでこんなに臭いんだよ!」って怒っているようなものです。
それが臭いのは、知っているはずなのに。
(よ・う・か・い・のーせいなのね、そうなのね?)


正直、ネットで「情報を遮断する」というのは、「テレビの電源を切る」より、難しいとは思うんですよ。
ネットには「必要なもの」「面白いもの」と、「危険なもの」「不快なもの」が入り乱れているし。


それでも、僕たちには「ネットに触れない自由」があるし、そのための手段もある。
「ネットの中で、接触するコンテンツ」を選ぶこともできる。
まあ、大概において、わざわざ不快なものを引き寄せてしまうのは、自分自身なんですよね。


いまの世の中で生きていると、あまりにも「情報漬け」の状態に慣れすぎていて、そこから自分を遮断すると、不安になってしまう。
それはたぶん、杞憂なのです。
「なにげなくテレビを観つづけるのをやめる」、というのではなく、「積極的にスイッチを切るという選択をする」ことが、大事なんじゃないかな。


ネットで自分にとって不快なものに憤って改善しようとしたり、自分を嫌っている人を変えようとするのは、あまりにも不毛な作業です。
そんなどうでもいいものに関わっているほど、人生は、長くない。


自分にとって面白いものに対する知識を深めていったり、気が合いそうな人と繋がっていくことのほうが、「ネットの効率的な利用法」だと思います。


それでもやっぱり、「暗部」みたいなものが気になってしまうのも、事実なんですけどね……
これも「妖怪のせい」なのかな。

"

@1 week ago with 618 notes
cinefil-blu-ray:


[Veronika Voss] was your fortieth film. I have the feeling many people see you as a hamster in an exercise wheel, constantly under pressure to produce. Do you see it that way, too?
Well, there are two factors here. First, I don’t work more than other people, more than someone stamping out cans in a factory, or the like. I just work all year long; I don’t take as many vacations as the others in the industry. That’s one side of it. The other side is that I really have a drive that’s hard to explain—it makes me have to do things, and I’m actually only happy when I’m doing things, and that’s my drug, if you will… When I was very small I already knew I was supposed to make many films. I can only tell you that when I shot my first take it was more fantastic than the most fantastic orgasm I ever had. That was a feeling, indescribable.
Rainer Werner FassbinderMay 31, 1945 — June 10, 1982

昨日はファスビンダーの誕生日で生きていれば69歳。

cinefil-blu-ray:

[Veronika Voss] was your fortieth film. I have the feeling many people see you as a hamster in an exercise wheel, constantly under pressure to produce. Do you see it that way, too?

Well, there are two factors here. First, I don’t work more than other people, more than someone stamping out cans in a factory, or the like. I just work all year long; I don’t take as many vacations as the others in the industry. That’s one side of it. The other side is that I really have a drive that’s hard to explain—it makes me have to do things, and I’m actually only happy when I’m doing things, and that’s my drug, if you will… When I was very small I already knew I was supposed to make many films. I can only tell you that when I shot my first take it was more fantastic than the most fantastic orgasm I ever had. That was a feeling, indescribable.

Rainer Werner Fassbinder
May 31, 1945 — June 10, 1982

昨日はファスビンダーの誕生日で生きていれば69歳。

(Source: strangewood)

@3 months ago with 294 notes
cinefil-blu-ray:

1981年、原作者フィリップ・K・ディックが、『ブレードランナー』の製作者、ラッド・カンパニーのジェフ・ウォーカーに宛てた書簡。
親愛なるジェフ、
今晩たまたま、チャンネル7で”Hooray For Hollywood”を見たよ。『ブレードランナー』の映像も出てきた(正直に言えば「たまたま」じゃなくて、知り合いが『ブレードランナー』も取り上げられるから見ろよ」って教えてくれたんだけど)。ジェフ、見終わって、特にハリソン・フォードが映画について語るのを聴き終わって、僕はこの結論に至った。これはSFじゃない。これはファンタジーじゃない。まさしくハリソン・フォードが言ったように「未来観」なんだ。『ブレードランナー』の衝撃はあらゆる分野に行き渡るだろう。一般の人にもモノを創り出す人々にも。そして、僕は信じるんだが、特にSFの分野に生きてる人にもね。30年間、SFを書いてそれを売ってきた僕にとっては、これは何かしら大切なことなんだ。本当に正直に言わなくちゃいけないけど、ここ数年、我々のジャンルは徐々に、そして着実に劣化してきている。個々人としても、集団としても、『ブレードランナー』に匹敵するような何かを成せていない。現実逃避的ではなく、勇気ある、細部まで行き届いた、本物の、憎らしいくらい説得力のあるスーパー・リアリズムだ。TVのあの部分を見ていて、僕は最近の自分が持ってた「リアリティ」が色あせて見えるのを感じた。僕が言ってるのは、君がまとめあげたこの作品は、これまでこの世にはなかった、オリジナルな新しいヴィジュアルの形、芸術的な表現を生み出したということなんだ。そして僕は思う。『ブレードランナー』は僕たちの概念に革命を起こすだろうと。SFとはどういうものであるか、いやそれ以上に、どういうものたり得るか、という概念に。
こんな風にまとめさせてもらうよ。SFは緩やかに、そして避けがたく、モノトーンの死に向かっていた。お互いをパクったような古くさいものばかりになっていた。突然、君たちのような人がやってきた。今我々と共にある、最高に才能ある人たちが。そして、今、僕たちは新しい人生、新しいスタートを手に入れたんだ。『ブレードランナー』プロジェクトにおける僕の役割について言えることといえば、僕の原作や僕のアイデアがあれほどの素晴らしい次元にまで昇華するなんて思ってもいなかった、ということだ。僕の人生と創造的な仕事は『ブレードランナー』によって正当化され、完成した。ありがとう……そしてこれはとんでもない商業的成功を収めるだろう。無敵であることを証明するだろう。
心から、
フィリップ・K・ディック

cinefil-blu-ray:

1981年、原作者フィリップ・K・ディックが、『ブレードランナー』の製作者、ラッド・カンパニーのジェフ・ウォーカーに宛てた書簡。

親愛なるジェフ、

今晩たまたま、チャンネル7で”Hooray For Hollywood”を見たよ。『ブレードランナー』の映像も出てきた(正直に言えば「たまたま」じゃなくて、知り合いが『ブレードランナー』も取り上げられるから見ろよ」って教えてくれたんだけど)。ジェフ、見終わって、特にハリソン・フォードが映画について語るのを聴き終わって、僕はこの結論に至った。これはSFじゃない。これはファンタジーじゃない。まさしくハリソン・フォードが言ったように「未来観」なんだ。『ブレードランナー』の衝撃はあらゆる分野に行き渡るだろう。一般の人にもモノを創り出す人々にも。そして、僕は信じるんだが、特にSFの分野に生きてる人にもね。30年間、SFを書いてそれを売ってきた僕にとっては、これは何かしら大切なことなんだ。本当に正直に言わなくちゃいけないけど、ここ数年、我々のジャンルは徐々に、そして着実に劣化してきている。個々人としても、集団としても、『ブレードランナー』に匹敵するような何かを成せていない。現実逃避的ではなく、勇気ある、細部まで行き届いた、本物の、憎らしいくらい説得力のあるスーパー・リアリズムだ。TVのあの部分を見ていて、僕は最近の自分が持ってた「リアリティ」が色あせて見えるのを感じた。僕が言ってるのは、君がまとめあげたこの作品は、これまでこの世にはなかった、オリジナルな新しいヴィジュアルの形、芸術的な表現を生み出したということなんだ。そして僕は思う。『ブレードランナー』は僕たちの概念に革命を起こすだろうと。SFとはどういうものであるか、いやそれ以上に、どういうものたり得るか、という概念に。

こんな風にまとめさせてもらうよ。SFは緩やかに、そして避けがたく、モノトーンの死に向かっていた。お互いをパクったような古くさいものばかりになっていた。突然、君たちのような人がやってきた。今我々と共にある、最高に才能ある人たちが。そして、今、僕たちは新しい人生、新しいスタートを手に入れたんだ。『ブレードランナー』プロジェクトにおける僕の役割について言えることといえば、僕の原作や僕のアイデアがあれほどの素晴らしい次元にまで昇華するなんて思ってもいなかった、ということだ。僕の人生と創造的な仕事は『ブレードランナー』によって正当化され、完成した。ありがとう……そしてこれはとんでもない商業的成功を収めるだろう。無敵であることを証明するだろう。

心から、

フィリップ・K・ディック

(Source: criterioncollection)

@6 months ago with 1265 notes

criterioncast:

Thinking about going out to see the new 47 Ronin tomorrow? Sounds like you might want to just stay in and watch Kenji Mizoguchi’s adaptation on the Criterion Collection Hulu Plus channel instead.

"47 samurai avenge the death of their lord."

@8 months ago with 89 notes
farx:

Steve Hackett - Ridgefield Playhouse 
photography by : Farx

farx:

Steve Hackett - Ridgefield Playhouse


photography by : Farx

(via mpomy)

@10 months ago with 14 notes
mudwerks:

(via Deliverance (Warner Brothers, 1972). Poster (40” X 60”) Style | Lot #53134 | Heritage Auctions)
Deliverance (Warner Brothers, 1972). Poster (40” X 60”) Style B. Action.Starring Jon Voight, Burt Reynolds, Ned Beatty, Ronny Cox, Bill McKinney, Herbert ‘Cowboy’ Coward, James Dickey, Belinda Beatty, Billy Redden, and Charley Boorman. Directed by John Boorman.

mudwerks:

(via Deliverance (Warner Brothers, 1972). Poster (40” X 60”) Style | Lot #53134 | Heritage Auctions)

Deliverance (Warner Brothers, 1972). Poster (40” X 60”) Style B. Action.
Starring Jon Voight, Burt Reynolds, Ned Beatty, Ronny Cox, Bill McKinney, Herbert ‘Cowboy’ Coward, James Dickey, Belinda Beatty, Billy Redden, and Charley Boorman. Directed by John Boorman.

@10 months ago with 69 notes
kk3786:

Bob Dylan photo William Eugene Smith

kk3786:

Bob Dylan
photo William Eugene Smith

(via mpomy)

@10 months ago with 81 notes

(Source: skirtsahara, via mudwerks)

@10 months ago with 66 notes

"

(高橋ヨシキ)芸術っていうか、表現っていうのは必ずそうですね。つまり、人に影響を与えないんだったら、それは表現じゃないんですよ。表現っていうのは、たとえば人と話ってことも表現でしょ?自分の考えを伝えるってことじゃないですか。考えを伝えるってことは、影響を与えるってことに他ならないんで。それがないんだったら、それ何?っていう話になるじゃないですか。全然意味が分かんないです。それは。

(宇多丸)なんだけど、そういうものが危険視されるような傾向がある。

(高橋ヨシキ)何か、人に悪い影響がって言われちゃうんですけど。いい影響とか悪い影響って、誰が決めるの?みたいなね、ことにもなりますね。

(宇多丸)それはやっぱり、子供扱いの範囲なのかな?最初からネガティブなものとアレが線引きされてるっていうのが。

(高橋ヨシキ)そうそう。お子ちゃま扱いされてるんですね。

(宇多丸)で、やっぱり世の中からグレイゾーン的なところを排除していくような動きみたいなものに。

(高橋ヨシキ)そうそう。白黒つけたいみたいなね。幼児的ですよね。

(宇多丸)この空気感と通じるのかな?って感じはしますね。要するにさ、悪い場所ってさ、必要っていうか。なのに、それを排除っていうか、少なくとも自分の目のふれないところに置いてしまう。でもそれって実は、本当にもっと危ないことになりかねないっていうかさ。ことでもあるし。これ、たとえばクラブ問題でも何でもいいですけど、ちょっとそれとも通じる話かなと。

(高橋ヨシキ)そうですね。だから白黒つけられないものなんて、いくらでもあるし。そっちが当たり前ですけど。それで、その白い側に立ってると思ってる人は、いくらでも残酷になれますから。

(宇多丸)自分に残酷な、野蛮なところ、汚いところが無いと最初から思い込んでる人が・・・

(高橋ヨシキ)一番凶悪。一番凶悪ですね。そういう人は誰でも殺しちゃうもん。悪いと思ってないから。

(宇多丸)だからやっぱりその、俺たちにはこういう野蛮なところ、あるよね!?残酷なところ、あるよね!?ああ怖い!!ってこう・・・毎回こう・・・

(高橋ヨシキ)本当ですよ。それをね、そこをちゃんと考えないことについては、なんか今日真面目ですね。あのね・・・

(宇多丸)(笑)。じゃあ時々、オッパイとか言ってくださいよ。

(高橋ヨシキ)オッパイとか言います。オッパイの話は大事。だから本当は最初に言おうと思ったんだけど。だって、映画なんて人がバンバン死んでオッパイが出るから見に行くんじゃないんですか?はっきり言って。

(宇多丸)まあそれ以外の映画もアンタ見てんだろ?って話をね、毎回してますけど。

(高橋ヨシキ)(笑)。まあ、毎回言ってますけどね。でも、いま言った話で言えば、たとえばね、この間も麻生とかいう人が、ナチがどうたらと不勉強な話をして大問題になりましたけど。たとえばね、ナチのことを考えた時に、下っ端の兵隊がですよ、将校とかもそうですけど、シンドラーのリストとかで言うとアウシュビッツとか収容所で働いているヤツは本当に全然普通に人をバンバン殺しちゃって。あれでも大分みんなね、神経やられたんですけど、やってりゃ慣れちゃうんですよ。いっぱい殺したりしてるうちに慣れちゃって、拷問もできるようになるし。これ、人間じゃないんだなっていう扱いは、日々やっていくうちに、あっという間に慣れちゃうっていうのが・・・

(宇多丸)あの、やる側もある種精神を守るために、そうなっていくっていうのもあるかもしれない。

(高橋ヨシキ)っていうは、俺、前からそれ考えてて。自分、その場にいたら超それになっちゃうなって思ってますよ。超やっちゃうと思う。

(宇多丸)でもその感じ、分かります。そういう時代になったら、俺、超順応しちゃうだろうなっていう。

(高橋ヨシキ)超やっちゃうと思う。だから、ほら、監獄実験みたいなやつで、映画でもあったじゃないですか。看守と囚人に分けて・・・

(宇多丸)ああ、ミルグラムの服従実験。

(高橋ヨシキ)服従実験とかやると、ああなっちゃうっていうのを、割とみんな、『とは言っても俺は平気じゃねーか?』って思ってる人が、一番危険だと思ってるんです。やっぱりね。これって、騙されないと思っている人が詐欺にかかるとかとちょっと別の問題で。何でか?っていうと、騙す・騙されない以前に人間は本質的に絶対そういうところあるんだから、やっちゃうと思うんだけど、そう思ってない人が俺は怖いなっていう話なんですね。

(宇多丸)だからね、ヨシキさん、ナチスの話よくするけど、それちょっと怖いな!って話をしてるわけですよね。

(高橋ヨシキ)めっちゃ怖いですよ。

(宇多丸)怖いよね。で、そういうのをちゃんと、めちゃ怖いと思わずに、そういうのをヘラヘラ口にだすから世界的に非常識ってことになる。

(高橋ヨシキ)問題になる。それは本当にそうで。だってね、たとえばだから弱いものいじめしてね、村八分にしたりね、誰かにオフィシャルに許可を与えられた形で暴力をふるったり、暴動やったり、もの壊したりするの、楽しいに決まってるじゃないですか。

(宇多丸)でまあ現に、それに近いね。犯罪扱いされなくても、そういうことやってるじゃん?っていうね。みんな全然やってるじゃん?っていうことですよ。

(高橋ヨシキ)だから、そういうことが楽しいし、そういうとこに行った時の一種のアゲ感みたいなのがあって、アドレナリンが出るしね。っていうことを、自分がやっちゃうんだぜってことを、絶対いつも考えておかないと危ないな、みたいなことなんですね。

(宇多丸)だからやっぱりその、それこそ教育的にね、さっきのゾーニングでね、子供に見せるものが無害化するってわけじゃないっていうか、やっぱり時々脅かさないとダメだよね。やっぱりそれはね。

(高橋ヨシキ)そうそうそう。やっぱり時々フェイントがあった方がいいんですよね。それはね。

(宇多丸)だからやっぱりさ、学校の図書館にいきなり『はだしのゲン』あって、それを小学校3年ぐらいになったら間違って手にとって、ギギギッ!っていうのを・・・

(高橋ヨシキ)ギギギでね。

(宇多丸)ギギギを知らないヤツはダメじゃないですか。それは。だからなんか、そういう・・・

(高橋ヨシキ)そうなんですよ。昔とかだから、テレビとかで日曜洋画劇場でそれこそ13禁とかやってた時代ですから。だから絶対間違って見ちゃうこととか、あるんですよ。ゲゲッ!?っていう。

"

@3 months ago with 9 notes

(Source: bungalowclassic, via kater-mt)

@5 months ago with 1821 notes
theswinginsixties:

Sharon Tate

theswinginsixties:

Sharon Tate

(Source: jeanjeanie61)

@7 months ago with 831 notes
@9 months ago with 9 notes

dance-till-day-break:

pudding09:

Né-net 2012 Autumn-Winter Image Movie 3 能年玲奈

@10 months ago with 1101 notes

shihlun:

Rediscovered Ozu TV drama to air

Japanese public broadcaster NHK will air a recently rediscovered television drama directed by OZU Yasujiro 小津安二郎.

Ozu co-wrote the one-off drama special 青春放課後 (literally: “After the End of Youth”) in 1963 with novelist SATOMI Ton 里見惇, after his final film An Autumn Afternoon 秋刀魚の味 (1962) and before his death in December that year. Set in Kyoto and Tokyo, the 88-minute drama is about a young woman and her family before her wedding. It was directed by HATANAKA Yosho 畑中庸生.

The drama premiered on NHK in Mar 1963 and reran in 1964. The network discovered a damaged copy and digitally remastered it. It will air the 88-minute drama on its BS Premium network on 14 Oct — its first broadcast in nearly 50 years.

more info

(via ozmy)

@10 months ago with 71 notes
tornandfrayed:

Johnny Winter & Muddy Waters

tornandfrayed:

Johnny Winter & Muddy Waters

(Source: mjuzikk)

@10 months ago with 70 notes